So-net無料ブログ作成
検索選択

『 ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - wa・ta・shi・ra・shi・ku - 展 』 - 飯田 万綾 さんの ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - [S'n緑an.Gallery]


 
 
   本日は、 
 
   陶芸作家 飯田 万綾さんの作品をご紹介。
   
 
 
 
 
      RIMG4263.jpg 
 
 
 
  
 
   今企画展で、
 
   飯田さんは3度目の参加となります。
 
 
 
 
      
 
      RIMG4305.jpg
 
 
 
 
 
   飯田さんの作品といえば、
 
   ホワイトグレーの釉薬の作品のイメージですが、
 
   今展示では、
 
   薪窯で焼成された作品が多く並びます。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4260.jpg 
 
       [ 練込み カップ ]
 
 
 
 
 
   飯田さんが薪窯の窯焚きに参加するようになり、
 
   薪窯で焼成した器は、
 
   炎の中から生まれてくるさまざまな表情がおもしろく、
 
   とても心惹かれているそうです。 
 
 
 
 
 
      RIMG4283.jpg 
 
            [ 淡緑 一輪挿し ]
 
 
 
 
   焼成中に窯の中でかかって溶ける灰からうまれる自然釉の景色。
 
   炎がうつわを通り抜け、火色という炎が触れた痕跡の美しさ。
 
   薪窯には、
 
   きっと多くの陶芸作家さんたちを魅了するチカラがあるのだと、
 
   飯田さんの言葉から感じとれるのです。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG4295.jpg 
 
           [ 練込み 花器 ]    
 
 
 
 
      RIMG4292.jpg
 
 
 
 
 

 
      RIMG4285.jpg
 
       [ 練込み 片口 ] 
 
 
 
 
      RIMG4287.jpg  
 
 
      RIMG4290.jpg 
 
 
       
    
 
   そして、
 
   酒器や花器といった作品が多く並びます。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4276.jpg
 
 
 
 
 
      RIMG4275.jpg
 
 
 
 
 
   飯田さんの作品に、
 
   「 練込み 」 という技法で表現されているものがあります。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4258.jpg
 
       [ モノトーン 一輪挿し ]
 
 
 
 
 
   練込み具合で、
 
   マーブル模様のキメのサイズや雰囲気が変容します。
 
 
 
 
 
      RIMG4267.jpg 
 
            [ モノトーン 長四角皿  /  箸置き ]
 
 
 
 
 
   マットな質感で、
 
   大胆に練りこまれているこちらの作品は、
 
   飯田さんの新作シリーズです。
 
 
 
 
 
      RIMG4270.jpg 
 
 
 
      RIMG4297.jpg
 
 
 
 
 
 
   菓子皿やコースターとしても。
 
   組合わせやすく、、使い勝手の良いサイズ感です。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4255.jpg 
 
 
 
 
 
   本日が最終日となります。
 
   参加作家さんが在廊されています。
 
 
   皆さまのご来廊をお待ちしております。
 
 
 
    
 
    
 
    
 
     

nice!(2) 
共通テーマ:アート

『 ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - wa・ta・shi・ra・shi・ku - 展 』 - 永守 紋子 さんの ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - [S'n緑an.Gallery]


 
 
   梅雨明かりに、
 
   日脚の長さを感じます。 
   
 
 
   本日は、 
 
   漆作家 永守 紋子さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
 
      RIMG4218.jpg 
 
       [ (左) 水面の葉 / (右) 透きとおる空気 ]
 
 
 
 
   永守さんは、
 
   京都市立芸術大学で漆を学び、卒業後は金沢の卯辰山工芸で勉強されていました。
 
   現在は、
 
   漆作家として活動され、漆講師としても勤められています。
 
 
 
 
 
      RIMG4199.jpg
 
       [  花のうつわ ]
 
 
 
 
 
   漆や漆器は海外で 「 ジャパン 」 とも呼ばれ、
 
   多くの漆器収集家がいるほどで、世界に誇れる日本文化の象徴のひとつです。
 
   私たち日本人でも漆器について知識をもって、
 
   さらりと使っている方は少ないのではないのでしょうか・・・
 
 
 
 
 
      RIMG4201.jpg 
 
       [ 花のうつわ ] 
 
 
 
 
 
   漆器は高価で扱いにくく、使い勝手が面倒な印象が一般的です。
 
   漆器などに使われている漆はさまざまな優れた特徴をもっています。 
 
 
 
 
 
      RIMG4209.jpg 
 
       [ ミルキーホワイトの皿 ] 
 
 
 
 
 
   漆の塗膜は堅く、また非常に柔軟でもあり、現代の一般的な科学塗料よりも強靭で優れた性質をもっています。
 
   酸、アルカリ、塩分、アルコールにも強く、
 
   耐水性や断熱性、防腐性なども高いという特徴があります。
 
 
   また、
 
   接着剤としても優れており、
 
   陶磁器を修復する 「 金つぎ 」 や、染型を作るときに紗に型紙を張る行程などで、
 
   古くから接着剤として使われてきました。
 
 
 
 
 
      RIMG4206.jpg
 
       [ (左) 実り / (右) あじさいの皿 3寸 ]
 
 
 
 
 
   漆器のお手入れや扱い方も難しいと思われがちですが、
 
   決してそのようなことはありません。
 
 
   漆器の性質として、
 
   極度に乾燥させないこと、長時間水につけないこと、極度に高温のものを入れないことなどが大切です。
 
 
 
 
 
      RIMG4216.jpg 
 
 
 
 
 
 
   洗い方も、
 
   台所用中性洗剤を使って、やわらかいスポンジで洗っていただけたり、
 
   洗い終わったら自然に乾かすよりも布巾で拭くほうが長持ちします。
 
   お酢や油ものを入れも問題なく使っていただけます。 
 
 
 
   気をつけるところは、
 
   紫外線は漆塗りの塗膜によくないので、直射日光の当たらない食器棚に収納していただくことです。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4213.jpg
 
 
 
 
 
 
   仕舞い込まずに、
 
   日々の生活の中でどんどん使っていくことで、
 
   艶が出ていい味わいになってくるそうです。
 
   使って、洗って、拭いて仕舞うの繰り返しで、丈夫に長持ちします。 
 
 
 
 
 
      RIMG4208.jpg
 
 
 
 
 
 
   永守さんの作品に、
 
   豆やおにぎり、歯ブラシといったモチーフがついたユーモラスな漆塗りのお箸や、
 
   色彩鮮やかなデザインのお箸もあります。 
   
 
 
 
 
 
      RIMG4231.jpg 
 
            [ (上) 草だんごの箸 / (中) 歯ブラシの箸 / (下) おにぎりの箸 ]
 
 
 
      RIMG4232.jpg
 
 
 
 
 
      RIMG4234.jpg
 
       [ (上) 金の線の箸 / (中) 折鶴の箸 / (下) マリンブルーの箸 ] 
 
 
 
      RIMG4235.jpg 
 
 
       
 
    
   お子様用サイズのお箸や、蒔絵がデザインされたお箸もあります。  
 
 
 
 
 
      RIMG4237.jpg  
 
       [ (上) 光の粒 ピンク / (中) ひまわり 子供用の箸 / (下) 八角の色 ]
 
 
 
      RIMG4239.jpg
 
 
 
 
 
 
   永守さんの漆と螺鈿をあしらい表現された、
 
   美しいアクセサリーたちも魅力的です。
 
 
 
 
 
     RIMG4228.jpg 
 
      [ 花束ネックレス ] 
 
 
 
     RIMG4230.jpg 
 
 
 
 
 
 
   漆や螺鈿の色使いやデザインが美しく、 
 
   女性らしいラインにかたどられて表現されています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4220.jpg
 
       [ ブローチ ] 
 
 
 
 
   漆や螺鈿といった素材が使われることで、
 
   身に付ける側の姿勢も、自然とスッと伸び、
 
   気持ちの上でも品格が上がるような、特別な心持ちにしてくれます。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4225.jpg
 
       [ チョーカー ] 
 
 
 
    
 
      RIMG4222.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   錫やガラス、陶器などの素材と組み合わせても、
 
   よい風合いが生まれます。
 
 
 
 
 
      RIMG4246.jpg  
 
 
 
 
 
 
      RIMG4249.jpg 
       
 
 
 
 
 
   永守さんは、
 
   壁面を彩るパネル作品や、
 
   敷板などのサイズ感のある作品も手がけられています。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG4242.jpg
 
       [ パネル 「 マートル 」 ]
 
 
 
 
 
   このような、
 
   素晴らしい日本の伝統を引き継いでいかれている永守さんの美しい作品を、
 
   ぜひこの機会に、ご高覧ください。   
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG4253.jpg 
 
 
    
 
    

nice!(3) 
共通テーマ:アート

『 ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - wa・ta・shi・ra・shi・ku - 展 』 - 西野 詩織 さんの ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - [S'n緑an.Gallery]


 
 
   雨降花が美しい日和ですね。
 
 
 
 
 
   本日は、 
 
   陶作家・美術作家 西野 詩織さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4150.jpg 
 
       [ (左) フクロウ イヤリング / (中)  ブルーのブローチ / (右) 金色 お馬ブローチ ]
 
 
 
 
 
   西野さんは展示をされる際に、
 
   場所や空間と対話し、寄り添うように陶を使って表現される作家さんです。
 
 
 
 
 
      RIMG4165.jpg
 
 
 
 
 
   そして、
 
   光と水と土のアートユニット “ ヒミツ ” で土を担当されています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4167.jpg
 
 
 
 
 
 
   今展示には、
 
   ブルーの釉薬に彩られた作品や水晶が埋め込まれブルーと溶け合うような作品、
 
   金彩のアクセサリーや立体作品などが並びます。
 
 
 
 
 
      RIMG4169.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   その中でも、
 
   金彩のアクセサリーはここ2~3年に添えるようになったそうです。
 
 
 
 
 
       RIMG4154.jpg
 
       [ (左) マリアさま / (右) 金色 家ブローチ ]
    
 
 
 
 
   「 金彩のピンブローチは
 
     つける素材や 性別や年齢 スタイルを選ばない 小さな金色は 魔法のようで
 
     もう 自分のものではない物語を 歩んでいること なんだか不思議な贈りものだと思いました。 」
 
 
   と、以前西野さんが仰られていました。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4158.jpg
 
 
 
 
 
 
   そして、
 
   陶の装身具シリーズにパッケージが生まれました。
 
 
 
 
 
      RIMG4183.jpg 
 
 
 
 
 
   パッケージは2種類あり、
 
   ひとつは写真家でヒミツのメンバーでもある 中村篤史さんが、
 
   5年前に撮られた作品の写真が裏にプリントされていて、うっすらと写っています。
 
 
 
 
 
      RIMG4187.jpg
 
       [ 金色つぼ ブローチ ]
 
 
 
   ひとつひとつに、
 
   素材の名前と言葉が添えられています。
 
 
 
 
 
      RIMG4188.jpg 
 
 
 
 
 
 
   見つめていると、
 
   やさしい時間に包まれてゆきます・・・
 
 
 
 
      RIMG4185.jpg 
 
 
 
 
 
 
   涼やかなブルーとパールが
 
   手にとると、不思議に心あたたかく染まりゆきます・・・
 
 
 
 
 
      RIMG4186.jpg
 
 
 
 
 
   「 土のかたまりに触れることで生まれる 小さな形の世界を
 
     “ 形をつくり 身につけること ”  陶芸といえど とても簡単な わたしの作業を
 
     他のひとにも 触れてもらえたら うれしいなと思いました。 」
 
 
 
   そのように仰る西野さん。
 
   西野さんのゆかりある場所で、ワークショップも開催されています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4175.jpg 
 
 
     
    
      RIMG4180.jpg 
 
       [ ブルーのネックレス ] 
 
 
 
       
    
 
 
  「 いつも展示をするときは
 
    出会えた場所と寄り添う気持ちも大切にしています。
 
    作品と空間を通して
 
    いろいろな人と時間を共有したり、他のジャンルのアーティストさんとコラボレーションしたり、
 
    パファーマンスや歌ったりなど、
 
    今しか出来ないことで自分が伝えることを今後も見つけてゆきたいです。 」
 
 
 
   しっかりと、
 
   自身を見つめる西野さんを、作品を通して強く感じました。 
 
 
 
 
 
      RIMG4153.jpg 
 
       [ ブルーのピアス ] 
 
 
 
 
 
   「  表現はひとりひとりにたしかに届く世界であってほしいと
 
     空のように広くて 海のように深いものと
 
     変わらず気づける位置で、いく度も。 」 
 
 
 
 
   なにか、
 
   チカラをあたえてくれるような、美しい心に触れるような・・・
 
 
   そんな西野さんの世界観を感じてみませんか? 
 
           
 
 
 
 
 
    

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - wa・ta・shi・ra・shi・ku - 展 』 - 新井 良子 さんの ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - [S'n緑an.Gallery]


 
 
   夏至をすぎ、
 
   太陽の力が極まるように感じます。
 
 
 
 
   本日は、
 
   錫作家 新井 良子さんの作品をご紹介。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG4040.jpg
 
       [ (左) 猪口 / (中) はっぱお菓子皿 / (右) 瓢箪預け徳利 ]
 
 
 
 
   普段から、
 
   錫器に馴染みがあったり、よく知られていることは思いの外少ないのではないでしょうか?
 
   わたし自身がそのひとりなのですが、
 
   新井さんの作品を通して、
 
   さまざまな錫の素晴らしい特徴を教えていただきました。 
 
 
 
 
 
 
       RIMG4089.jpg
 
       [ はまぐり小皿 ] 
 
 
 
   そもそも日本には、
 
   今から1300年ほど前に遣唐使によって伝わったとされています。 
 
   そして、
 
   江戸時代頃などでは 「 徳利 = 錫 」 というほど、
 
   酒宴や食に関する場面で使われていたそうです。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4067.jpg
    
 
 
 
 
 
 
   それでは、
 
   錫という素材にはどんな特徴があるのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG4116.jpg   
 
       [ ボックス ] 
 
 
 
 
   ひとつに、
 
   錫の器にはお酒や水を浄化し、注いだ水は腐りにくいという特徴があります。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG4050.jpg 
      
       [ 花入れ 蛸唐草 ]   
 
 
 
 
 
   こちらの作品は、
 
   新井さんが一番好きな動物 「 カバ 」 をモチーフに作られた酒器です。
 
 
 
 
 
       RIMG4063.jpg
 
       [ (左) 遊び盃 / (右) 動物酒器 ] 
 
 
 
 
      RIMG4059.jpg
 
 
 
      RIMG4061.jpg 
 
 
 
      RIMG4056.jpg 
 
 
 
 
 
   見ているだけでお酒を酌み交わす時間が楽しみになるような、 
 
   新井さんの遊び心を感じます。
 
       
 
 
 
      RIMG4112.jpg 
 
       [ 丸片口 ] 
 
 
 
 
 
   そして、
 
   錫器の中に水を入れた切り花は、
 
   他の素材で作られた花器と比べ、非常に長持ちします。
 
 
 
 
 
 
       RIMG4140.jpg
 
        [ (左) 壁掛け花入れ 細 / (右) 壁掛け花入れ 四角 ] 
 
 
 
 
 
   さらに、
 
   錫は金属の中でも非常に特殊な素材で、
 
   空気中でも水中でも錆びません。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4144.jpg 
 
 
 
 
 
 
   そのため、
 
   有害物質が溶け出るようなことがなく人体に影響をおよぼす心配がありません。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4148.jpg 
 
 
 
 
 
 
   もうひとつに、
 
   錫は金属の中では比較的やわらかいという性質があります。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4138.jpg
 
       [ トラ 置物 ] 
 
 
 
 
      RIMG4137.jpg 
 
 
 
 
 
 
   錫はその特性から割れることはありませんが、
 
   落としたり、角のあるものにぶつけるなどの強い圧力や衝撃をあたえると、
 
   変形する場合があります。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4117.jpg 
 
            [ 月のお皿 ]
 
 
 
  
 
   逆にいえば、
 
   変形したとしても、また元どおりに直せるメリットがあります。
 
 
 
 
 
   そのほかにも、   
      
   錫は融点が低いことで、熱伝導率にたいへん秀ています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4065.jpg 
 
       [ (左) タンブラー 岩模様 / (中) タンブラー 毛並み / (右) 猪口 ] 
 
 
 
 
   つまり、
 
   「 冷たいものは冷たく、温かいものは温かく 」 ということです。
 
 
 
 
 
      RIMG4068.jpg 
 
 
 
 
 
 
   お酒を燗にすればすぐに暖かくなりますし、
 
   冷たいビールは、より冷えた状態で楽しめます。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4073.jpg
 
 
 
      RIMG4075.jpg
 
 
 
 
 
 
   こちらのタンブラーは、
 
   「 杉目 」 という模様で、一本一本の模様が手作業で削り出されています。
 
 
 
 
 
      RIMG4069.jpg
 
 
 
      RIMG4070.jpg 
 
 
 
 
 
   新井さんの作品は、
 
   素材の打ち込む向きと叩き方を変えて作風が作られています。  
 
 
 
 
 
 
      RIMG4090.jpg 
 
       [ カトラリーボックス ] 
 
 
 
 
      RIMG4096.jpg
 
 
 
 
 
 
   そして、
 
   「 鋳造 ( ちゅうぞう ) 」 という技法で実物の素材を型取り、
 
   錫の新しい表現の可能性にも挑戦されています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG4100.jpg 
 
       [ (上) 豆 箸置き / (下) リボン 箸置き ] 
 
 
 
 
      RIMG4101.jpg 
 
 
 
 
 
   こちらの 「 箸置き 」 のデザインにも心惹かれます。
 
 
 
 
      RIMG4098.jpg
 
 
 
      RIMG4097.jpg
 
 
 
      RIMG4107.jpg 
 
 
 
 
   リボンのかたちがモチーフにされていたり、
 
   お豆のかたちも食卓の季節の演出に。
 
 
    
 
   こちらのアクセサリーは新井さん独自の製法で作られています。
 
 
 
 
 
      RIMG4132.jpg   RIMG4129.jpg 
 
 
 
 
 
   曲線をえがいているピアスは、
 
   錫をバーナーで炙って、自然に形作られたデザインです。
 
   粒の形のほうは、
 
   溶かした錫を水中に落として浮かび上がってきたかたちです。
 
    
 
   
 
   錫は、永く愛用いただいていると、
 
   表面がグレイッシュになったり、光沢がやわらかくなったり、落ち着いた雰囲気に変化してきます。 
 
 
   錫の表情を味わいとして愉しんでいただけたり、
 
   気になる場合はやわらかい布などで表面を磨いていただけますと、
 
   もとのような光沢がもどってきます。 
 
 
 
 
 
      RIMG4080.jpg 
 
       [ マドラー ] 
 
 
 
 
   このように、
 
   錫器には良質な使い勝手がたくさんあります。
 
 
 
 
 
      RIMG4077.jpg 
 
       [ (左) ミルクピッチャー + はまぐり小皿 / (右) タンブラー 岩模様 + マドラー ] 
 
 
 
 
 
   新井さんから生み出される、
 
   錫という素材の新しい表情や可能性を愉しんでみませんか? 
 
 
 
 
 
 
       RIMG4048.jpg
 
       
    
 
       
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    
 
 
 
 
 
 
       
 
    
 
 
 
 
    

nice!(2) 
共通テーマ:アート

『 ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - wa・ta・shi・ra・shi・ku - 展 』 - 森 知恵子 さんの ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   水無月の別称に、
 
   蒸し暑い日が続くと、風を恋しく待つという意味から、
 
   「 風待月 ( かぜまちづき ) 」という美しい呼び名があります。 
 
 
 
 
   本日は、
 
   ガラス作家 森 知恵子さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
 
 
     RIMG3992.jpg 
 
 
 
 
 
 
   鹿児島県出身の森さん。
 
   学生の時は金工を学び職人になりたいと志されている中で、
 
   あるガラスの本に出会ったそうです。
 
 
   それからガラスの制作体験をしているうちに、
 
   ガラスの世界にどんどんはまってゆき、卒業後にガラスの専門学校に入りなおしたそうです。 
 
 

 
 
 
     RIMG3875.jpg 
 
 
 
 
 
   森さんの作品は、
 
   吹きガラスの 「 宙吹き 」 という、型を使わずに吹き上げる技法で制作されています。 
 
   そして、
 
   うつわを成形して冷ました後に、模様やうつわの底の部分を加工されます。 
 
 
 
 
 
   こちらは、
 
   「 白雨 ( はくう ) 」 というシリーズの作品です。
 
 
 
 
 
     RIMG3893.jpg
 
 
 
 
 
 
   「 白雨 ( はくう ) 」 の言葉の意味は、
 
   「 夕立 」  「 明るい空から降ってくる雨 」 。
 
 
   そして作品の模様は、
 
   流れ落ちるしずくや雨を表現されています。
 
 
 
 
 
     RIMG3891.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   この模様は、
 
   歯科で使用される研磨機のリューターを使って、フリーハンドで線と点が削られています。
 
 
 
 
 
      
     RIMG3894.jpg
 
 
 
 
 
 
   「  線と点の構成ですが、
 
     ガラスの透明さ・厚みなどによっていろいろな表情が楽しめると思います。
 
 
     どの作品も模様などは、ひとつずつ手で描いています。
 
     同じシリーズ、同じアイテムでも全く同じものはありません。
 
     形にしても同じです。
 
     それを理解していただき、
 
     ひとつずつ個性ある中からお気に入りのものを選んでいただきたいと思っております。 」 
 
 
   と、森さん。 
 
 
 
 
   こちらは、
 
   もうひとの 「 月雫 ( つきしづく ) 」 というシリーズです。
 
 
 
 
 
 
     RIMG4005.jpg 
 
 
 
 
 
 
   森さんの一番新しく作られたシリーズです。
 
   月の色や形の移ろいをイメージして制作されています。
 
 
 
 
 
 
     RIMG4013.jpg
 
 
 
 
 
     上下の色の変化は、
 
     色ガラスの厚みによって、自然に変化しています。
 
 
 
 
 
 
     RIMG4021.jpg 
      
 
     
 
 
 
   森さんに、
 
   このようにメッセージをいただきました。  
  
 
 
 
   「 自分の周りが輝いて見える瞬間に、
 
     そっと傍らにある そんなうつわ。
 
 
     特別なときにだけじゃなく、
 
     普段の生活の中にあるうつわを制作したいと思っています。
 
     手元に自分の好きなものがあると、少ししあわせな感覚。
 
     少しずつでもそんな感覚を味わっていただければと思っています。
 
 
     透明なうつわを多く制作しているのは、
 
     うつわに何か盛る時や花を活けるとき、
 
     なかにあるものを引き立てて、なかにあるものでガラスが美しく見えるように。
 
 
     ひかりをうけて、下に落ちる影。
 
     ガラスを通してみる線。
 
     水をいれた時のゆがみ。
 
     シンプルだけど、ほんの少し私らしさをプラスさせたうつわです。 」
 
 
 
 
 
 
 
     RIMG3881.jpg
 
 
 
 
 
 
   森さんの、
 
   やわらかに光を包みこむ、女性らしい繊細なガラスのうつわたち・・・
 
   シンプルな表現とともに、
 
   日常生活での使いやすさや森さんらしいガラスの美しさを感じます。 
 
 
 
 
 
 
     RIMG3887.jpg
 
 
 
 
 
 
   明日 6/20 (sat) は、
 
   錫作家 ・ 新井 良子さん と 陶芸作家 ・ 飯田 万綾さんが在廊予定です。
 
   
   ⇒  [  13:00 - 18:30  ] 
 
 
 
   5名の女性作家さんの表現とする、
 
   今の 「 わたしらしさ 」 を体感してみませんか? 
 
 
 
 
 
 
 
    
 
 
 
 
 
   
    
 
    
 
 


nice!(2) 
共通テーマ:アート

『 ワ・タ・シ・ラ・シ・ク - wa・ta・shi・ra・shi・ku - 展 』 - Fifth day - [S'n緑an.Gallery]


 
 
   「 しとしと 」 「 ぽつぽつ 」 「 ぱらぱら 」 ・・・
 
   雨音の表現が豊かな、日本の梅雨にはいりましたね。
 
 
 
 
   先週末から始まりました、
 
   『 ワ・タ・シ・ラ・シ・ク -  wa・ta・shi・ra・shi・ku  -   』 展。
 
 
   今企画展は、
 
   5名の女性作家さんにご参加いただいております。
  
 
 
 
 
 
 
      RIMG3971.jpg
 
 
 
 
      RIMG3972.jpg 
 
 
 
 
      RIMG3974.jpg
 
 
 
 
      RIMG3978.jpg
 
 
 
 
 
   【 参加作家 】 
 
 
    [ 錫作家 ]         新井 良子 さん
 
    [ 陶芸作家 ]        飯田 万綾 さん 
 
    [ 陶作家・美術作家 ]  西野 詩織 さん
 
       [ 漆作家 ]         永守 紋子 さん 
 
    [ ガラス作家 ]       森 知恵子 さん 
  
 
 
 
 
   会期中に、
 
   Cafe スペースでスイーツセットメニューもご用意しております。
 
 
 
   ⇒  「 ほうじ茶のチーズケーキ 」  +  季節のドリンク ( 酵素シロップのソーダ割り or 水出し冷茶 [ 日替わり ] ) 
 
 
 
 
 
 
      RIMG3945.jpg 
    
 

 
 
   きび砂糖を使ったタルトに、
 
   月ヶ瀬 ( 奈良県 ) のほうじ茶とクリームチーズを合わせて芳ばしく焼きあげました。
 
 
 
 
 
 
      RIMG3955.jpg
 
 
 
 
 
   水出し冷茶 ( 煎茶 or 和紅茶 or 中国茶 ) と、
 
 
 
 
 
      RIMG3952.jpg
 
 
 
 
 
 
   酵素シロップのソーダ割り ( 柑橘ブレンド or 梅 or リンゴ ) を、
 
   それぞれに日替わりでご用意しております。
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG3916.jpg 
 
 
 
 
 
 
   明日 6/18 (thu) は、
 
   飯田 万綾 さんと 西野 詩織 さんが在廊予定です。
 
   [  在廊予定時間  18:00 -   ] 
 
 
 
   皆さまのご来廊をお待ちしております。 
 
 
 
      
    

nice!(2) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。