So-net無料ブログ作成
検索選択

11月定休日のお知らせ。。。 [S'n 緑an.]


 
 
 
   そろそろ、
 
   団栗の木の実時雨が聞こえて来そうですね。 
 
   実りある収穫に 感謝の気持ちを添えて・・・
 
 
 
 
 
      RIMG0837.jpg 
 
 
 
 
 
 
  [ 11月の定休日 ] 
 
 
 
    2 (mon)  /  3 (tue)  /  8 (sun)  /  9 (mon)  /  14 (sat)  /  16 (mon)  /  23 (mon)  /  30 (mon)
 
 
 
    
   11月は常設展示をいたします。
 
   今までにご参加くださいました作家さんの作品を、
 
   この時期ならではのギフトにお選びいただけるセットを提案させていただいております。
 
 
 
 
 
      RIMG2129.jpg
 
 
 
 
 
   心ばかりではございますが、
 
   ラッピングもご用意しております。
 
 
   普段お世話になっている方や気持ちをお届けしたいあの方に、
 
   感謝の気持ちを込めた贈りものをギフトしませんか? 
 
 
 
 
 
 
      RIMG0718.jpg 
      
 
 
 
 
    営業日が変動いたしますが、
 
    みなさまのご来店をお待ちしております。 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 急須を育ててみませんか 』展を終えて。。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   先週をもちまして、
 
   『 急須を育ててみませんか 』 展 は終了いたしました。
 
   遠方からも、
 
   多くの皆さまに足をお運び頂き、ありがとうございました。 
 
 
 
 
  
 
      RIMG1746.jpg     
 
 
 
 
 
 
   今企画展に初めてご参加くださいました、
 
   崇心さん、田中 雅文さん、中尾 心啓さん、
 
   心より、ありがとうございます。

 

   みなさんのお人柄が作品からも表れているのですが、

   心あたたかなそして、新たな試みに挑み続けていらっしゃる姿勢が伝わってきます。

   優しさと強さが共存しているような・・・そんな風にも感じ取れるのです。 

 

 

      RIMG2120 (2).jpg 

 

 

   今企画展の作品を少しずつではありますが、

   引き続き、常設の際に展示販売させていただきます。

 

 

      RIMG2123.jpg

 

 

   S'n緑an. の Cafe スペースで、

   崇心さん、田中さん、中尾さんの急須やうつわでおもてなしをしております。

   みなさまの寛ぐひと時と一緒に育んでいければと愉しい心持ちです。

   来年の今頃は、

   どんな表情に育ってくれているかな? 

 

 

 

 

 

nice!(2) 
共通テーマ:アート

営業時間変更のお知らせ。。。 [S'n 緑an.]


 
 
   明日 10/30 (fri) の営業時間を変更させていただきます。 
 
   
 
   ⇒  [   Open   14:30  -   通常営業  ]
 
 
 
 
 
      RIMG1984.jpg
 
 
 
 
 
   お確かめの上、
 
   ご来店をお待ちしております。 

nice!(0) 
共通テーマ:アート

営業時間変更のお知らせ。。。 [S'n 緑an.]


 
 
   勝手ながら、
 
   本日の営業時間を変更させていただきます。
 
 
 
   ⇒  [   Open   16:30  -   通常営業  ] 
 
 
 
 
  

nice!(0) 
共通テーマ:アート

『 急須を育ててみませんか 』展 - 中尾 心啓さんのポットの時間 - [S'n緑an.Gallery]

 
 
 
 
 
   本日は中尾 心啓さんのポットをご紹介。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG2068.jpg
 
 
 
 
 
   今展示では、
 
   大きめサイズのポットを2種類ご用意しております。
 
 
 
   こちらはのポットは鎬が均一に施され、
 
   丁寧なつくりが美しいです。
 
 
 
 
 
 
       RIMG2083.jpg
 
 
 
      RIMG2085.jpg
 
 
 
      RIMG2087.jpg
 
 
 
      RIMG2089.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   こちらは、
 
   木の節目のような紋様に目が惹かれます。
 
 
 
 
 
 
      RIMG2080 (2).jpg 
 
 
 
      RIMG2070.jpg
 
 
 
      RIMG2071.jpg
 
 
 
      RIMG2075.jpg 
 
 
 
      RIMG2073.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   中尾さんにお話を伺うと、
 
   陶芸作品の中で急須を作ることが一番好きなのだとか。
 
   いくつものパーツから成る急須は複雑なつくりの上に、
 
   手間のかかるものであるにも関わらず、笑顔で仰る中尾さん。
 
   自身の “ キッチリと作りたい ” という性分に合うんだそうです。 
 
 
 
   おふたりサイズのポットもご用意しております。      
 
 
 
 
 
      RIMG1990.jpg
 
 
 
      RIMG1993.jpg      
 
 
 
 
      RIMG1991.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   さまざまな紋様が施され、
 
   色合いもそれぞれにお愉しみいただけます。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG2027.jpg
 
 
 
      RIMG2028.jpg
 
 
 
 
      RIMG2029.jpg
 
 
 
 
      RIMG2030.jpg 
 
 
 
 
 
 
   緑釉の作品も。 
 
 
 
 
 
      RIMG2036.jpg
 
 
 
 
      RIMG2037 (2).jpg 
 
 
 
      RIMG2042.jpg
 
 
 
 
      RIMG2039.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   こちらのポットも素敵です。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG2054.jpg
 
 
 
      RIMG2057.jpg 
 
 
 
      RIMG2056.jpg 
       
 
 
 
 
 
 
   宝瓶の作品もございます。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG2103.jpg
 
 
 
 
 
 
   木の葉の模様が焼色にあらわれ、
 
   あたたかな雰囲気を感じます。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG2113.jpg
 
 
 
      
      RIMG2116.jpg
 
 
 
 
 
   ペリカンの嘴のような注ぎ口がユーモラスです。
 
    
 
 
 
      RIMG2119 (2).jpg 
 
 
 
       
      RIMG2106.jpg
 
 
 
 
      RIMG2117.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   今展示も今週末までとなります。
 
   どうぞ、
 
   ご高覧くださいませ。 
 
    
 
       

 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 急須を育ててみませんか 』展 - 中尾 心啓さんの急須の時間 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
 
   初秋の頃は野で鳴いていた蟋蟀も、 
 
   秋が深まるにつれて、だんだん人家に近づいてくるそうです。 
 
   言われてみれば、そんな気も・・・ 
 
 
 
 
 
   本日は、
 
   奈良県生駒市で作陶されています 中尾 心啓 ( むねひろ ) さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
 
 
      RIMG2099.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   中尾さんは
 
   岡山で備前焼の窯元で修行をし、
 
   その後、地元である奈良で赤膚焼の窯元で修行された後に独立されました。
 
 
 
 
 
 
       RIMG2045.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   
   轆轤師として挽き物の職人をされており、さらに自身の作品も制作されています。 
 
   そして、
 
   奈良の伝統的な白萩釉を用いた 「 赤膚焼 」 で表現されています。 
  
 
 
 
 
 
 
      RIMG2013.jpg 
 
 
 
 
 
 
   おもに、
 
   信楽の赤土をメインに作品の表現方法により、 
 
   愛知の志野土や九谷の磁土をブレンドして土を捏ねるそうです。 
 
 
 
 
 
 

      RIMG2000.jpg 
 
 
 
 
      RIMG2001.jpg
 
 
 
 
      RIMG2003.jpg
 
 
 
 
      RIMG1999.jpg
 
 
 
 
      RIMG2004.jpg
 
 
 
 
 
 
   灯油窯で焼成すると、
 
   窯詰めをした場所によって焼色に変化が出るそうです。
 
   16時間の焼成後に、
 
   ゆっくりと2時間をかけて窯の温度を下げていくのだそうです。
 
 
 
 
 

       RIMG2006 (2).jpg 
 
 
 
 
       RIMG2007 (2).jpg
 
 
 
 
        RIMG2008.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   作品には、
 
   「 鎬 ( しのぎ ) 」 という技法で紋様が表わされています。 

 
 
  
 
 
      RIMG2018.jpg
 

  
 
      RIMG2019.jpg
 
 
 
 
 
 
   鎬とは、
 
   ヘラなどの工具で削って稜線をつける装飾方法です。
 
   釉薬が薄くなっている部分は素地土の色味が浮かび上がり、
 
   表面に凹凸ができます。
 
   この効果により、
 
   釉薬の濃淡による釉調の変化があらわれ、紋様となります。
 
 

 
 
 
 
      RIMG2020.jpg
 
 
 
      RIMG2021 (2).jpg
 
 
 
      RIMG2024.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   中尾さんの作品には、
 
   鎬をふんだんに使った様々な紋様の急須があります。 
  
 
 
 
 
 
      RIMG2062.jpg    
 
 
 
 
 
 
   ひとつひとつのつくりが丁寧で、
 
   たっぷりと注いでも湯切れが良く、安心してお使いいただけます。
  
 
 
 
 
 
 
      RIMG2067.jpg
 
 
 
      RIMG2066 (2).jpg
 
 
 
 
 
 
   取っ手の持ちが加減も良く、
 
   しっかりと握れます。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG2064.jpg 
 
 
 
 
 
 
   今展示では、
 
   たっぷりと注げるサイズ感の急須が並び、
 
   中国茶用の杯や湯呑みも併せてお愉しみいただけます。 
 
 
 
 
 
 
       RIMG2091.jpg 
 
 
 
 
 
 
   心落ち着くひとときに、
 
   お気に入りの急須でほっこりとしませんか? 
 
 
 
 

       
 
    
 
 
 
    
 
    
 
 

nice!(2) 
共通テーマ:アート

『 急須を育ててみませんか 』展 - 崇心さんの急須の時間 ( 其の二 ) - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
 
   つづきまして、
 
   崇心さんの 「 緑釉 」 シリーズの作品をご紹介。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1906.jpg
 
 
 
 
 
   鮮やかで深みのある色合いのこちらの 「 緑釉 」 は、 
 
   銅の成分により表れるそうです。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1914.jpg 
 
 
 
 
 
   蓋のフチあたりの部分が乳濁して、
 
   深まった色合いがなんともいえない風合いを醸し出しています。
 
 
 
 
 
       RIMG1918.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   てのひらサイズのこちらの作品は、
 
   崇心さんの作品の中でいちばんのおチビさんです。
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1862.jpg 
 
       【 緑釉 / 土瓶 (極小) 】 
 
 
 
 
 
      RIMG1858.jpg
 
 
 
      RIMG1866.jpg
 
 
 
 
      RIMG1869.jpg 
 
 
 
       
 
 
 
   つまみの無い蓋のタイプの作品も。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1870.jpg 
 
       【 緑釉 / 土瓶 (小) 】 
 
 
 
 
 
      RIMG1873.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   こちらの作品も、
 
   育ちますよという風体を感じさせてくれます♫♬♪
 
 
 
 
 
 
      RIMG1882.jpg 
 
       【 緑釉 / ポット (小) 】 
 
 
 
 
      RIMG1884.jpg
 
 
 
 
      RIMG1890.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   こちらの急須は、
 
   ユーモラスな取っ手が魅力的です。
 
 
 
 
 
      RIMG1892.jpg
 
       【 緑釉 / 急須 】 
      
 
 
 
 
      RIMG1905.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   こちらの作品は、
 
   黒めの土に白梅花皮 ( しろかいらぎ ) が施されています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1951.jpg 
 
 
 
 
 
 
   今展示では、
 
   こちらの2種類のポットをご用意しております。 

 
 
 
 
 
 
      RIMG1925.jpg 
 
       【 白梅花皮 / ポット (大) 】 
 
 
 
 
      RIMG1933.jpg
 
 
 
 
 
 
   すこしシックで大人の雰囲気なポットたち。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1938 (2).jpg 
 
       【 白梅花皮 / ポット (中) 】
 
 
 
      RIMG1941.jpg 
 
 
 
      RIMG1945.jpg 
 
 
 
 
 
 
   
 
   いろいろなサイズ感の茶杯で、
 
   急須やポットといっしょに愉しんでみませんか? 
 
 
 
 
 
      RIMG1965.jpg 
 
 
 
 
 
      RIMG1972.jpg
 
 
 
 
      RIMG1975.jpg 
 

nice!(2) 
共通テーマ:アート

『 急須を育ててみませんか 』展 - 崇心さんの急須の時間 ( 其の一 ) - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   本日は、
 
   岐阜県土岐市にて作陶されています 崇心 ( たかし ) さんの作品をご紹介。 
 
 
 
       
 
 
      RIMG1960.jpg 
 
 
 
 
 
 
   崇心さんは、
 
   沖縄の大学で陶芸を学び、現在は土岐市で 「 工房 南風 - はえ - 」 を構えていらっしゃいます。
 
 
 
 
 
 
 
       RIMG1970.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
   崇心さんの作品の特徴に、
 
   「 白梅花皮 ( しろかいらぎ ) 」 と 「 緑釉 」 の2種類の作風があります。 
 
 
   まず最初に、
 
   「 白梅花皮 ( しろかいらぎ ) 」 の作品たちから。
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1777.jpg 
 
       【 白梅花皮 / 土瓶 (小) 】 
    
 
 
 
 
   こちらのシリーズは、
 
   美濃地方の3種類のブレンドした土が使われています。
 
   そして、
 
   白い土を塗り、焼成されます。
 
   焼成した時に土の成分の収縮率の差で、このような皹の紋様が生まれるそうです。
 
    
 
 
 
 
 
      RIMG1779.jpg 
 
 
 
      RIMG1782.jpg
 
 
 
      RIMG1783.jpg
 
 
 
 
 
 
   真鍮素材の取っ手も崇心さんが作られています。  
 
 
 
 
 
      RIMG1785.jpg
 
 
 
 
      RIMG1787.jpg 
 
 
 
 
 
 
   崇心さんが沖縄で在学中に知ったそうなのですが、
 
   沖縄のうつわには 「 あし 」 が付いているものが多いのだとか。
 
   その記憶をふいに思い起こされたそうで、
 
   このような愛らしい急須が誕生しました。
 
 
 
 
 
      RIMG1790.jpg
 
 
 
 
 
 
   動物のような三足が、
 
   ちょこちょこっと今にも動きまわりそうな可愛らしさです。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1788.jpg
 
 
 
 
 
 
   今展示では、
 
   1点ものの作品です。 
 
 
   上手や横手のさまざまな取っ手やフォルムの急須やポットが並びます。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1796.jpg
 
       【 白梅花皮 / 急須 (極小) 】 
 
 
 
 
      RIMG1799.jpg
 
 
 
 
      RIMG1802.jpg 
 
 
 
 
      RIMG1804.jpg
 
 
 
 
 
 
   崇心さんのお人柄あふれる作品たち。 
 
   思わず、微笑んでしまいます♫♬♪
 
 
 
 
 
 
      RIMG1810.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   ひとりのほっこり楽しみひと時やお話しながらの一服タイム、
 
   みんなで潤す一杯に・・・等など、
 
   いろいろなシーンに選べるサイズ感が揃っております。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1812.jpg 
 
       【 白梅花皮 / ポット (極小) 】 
 
 
 
 
      RIMG1813.jpg
 
 
 
      RIMG1814.jpg
 
 
 
      RIMG1818.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   崇心さん自身、
 
   中国茶サイズの急須や杯を今展示で初めて制作されたそうです。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1826.jpg 
 
      【 白梅花皮 / ポット (小) 】 
 
 
 
 
 
      RIMG1828.jpg       
 
 
 
 
 
   蓋のかたちも
 
   帽子のようにそれぞれの好みでお愉しみいただけます。
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1831.jpg 
 
 
 
 
      
 
      RIMG1836.jpg
 
       【 白梅花皮 / 急須 (小) 】 
 
 
 
      RIMG1837.jpg
 
 
 
      RIMG1841.jpg
 
 
 
 
      RIMG1844.jpg
 
 
 
 
      
 
 
   急須たちのオフショット☆
 
 
 
 
 
      RIMG1852.jpg 
 
 
 
 
 
 
   こんなてのひらサイズの急須もございます。 
 
   ( 崇心さんのてのひらサイズ(^^) ) 
 
 
 
 
 
 
       RIMG1446.jpg
 
 
 
       
 
 
   お出かけ日和のついでに、
 
   ぜひ お立ち寄りくださいませ。 
 
    
 
 
 
 
 
    

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 急須を育ててみませんか 』展 - 田中 雅文さんの急須の時間 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   秋風に
 
   黄金色の穂波がいっせいに寄せる風景に、
 
   心豊かに満ちてゆきます・・・ 
 
 
 
 
   本日は、
 
   大阪で作陶されています 田中 雅文さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
 
 
      
      RIMG1528.jpg
 
 
 
 
 
 
   田中さんは
 
   子供の頃から近い環境に陶芸があったそうで、
 
   11歳で陶芸をはじめ、大学卒業後から独立し制作されています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1534.jpg 
 
       【 Layer.series /  Pot 】 
 
 
 
 
 
 
   田中さんの代表作でもあります 「 Layer series ( レイヤー シリーズ ) 」 。
 
   立体作品と同じ鋳込みと釉着の技法を用いて器のシリーズを展開されています。
 
 
 
 
 
      RIMG1533.jpg
 
 
 
      RIMG1545.jpg
 
 
 
      RIMG1538.jpg
 
 
 
      
 
 
 
   「  Layer  」 とは 「 層  」 という意味の英単語で、
 
   それぞれのパーツを別々に作った後、釉薬で接着します。
 
   そうすることで、
 
   内と外のラインに変化が生まれ、独特なフォルムが完成します。
 
 
   また器の中に空洞を作ることにより、
 
   器の外側への熱の伝わりにくさや、軽さなどの機能面も備えています。
 
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1671.jpg
 
       【 Layer.series / Free Pot 】 
 
 
 
 
 
      RIMG1684.jpg
 
 
 
 
   
 
   取っ手や注ぎ口のフォルムが
 
   機能美を兼ね備えたデザインで構成されています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1673.jpg
 
 
 
 
      RIMG1677.jpg 
 
 
 
 
      RIMG1682.jpg
 
 
 
       RIMG1680.jpg
 
 
 
 
 

   そそぎ心地の良い持ち手と軽量感に目を見張ります。 
 
 
 
 
 
 
 
       RIMG1614.jpg
 
       【 Layer.series / 急須 】 
 
 
 
 
 
   「 ハッ ・・・ 」 とするような、
 
   斬新な佇まいのこちらの急須。
 
 
 
 
 
       RIMG1624.jpg
 
 
 
 
 
 
   驚くほどの計算されたフォルムと機能が創り出されています。 
 
   全体のバランスに対しての取っ手のつくりや注ぎ口の形状が、
 
   美しくも使いやすく表現されています。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1625.jpg
 
 
 
 
      RIMG1627.jpg
 
 
 
 
 
 
   取っ手もとても握りやすい形状に考えられ、
 
   注ぎ口もすこし捻りを加えたように作られています。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1632.jpg
 
 
 
 
 
   お湯もピタッと切れ、
 
   湯切れが抜群です。 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1628.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
   こちらのポップな色使いの 「 宝瓶 」 たち。   
 
 
 
 
 
      RIMG1548.jpg
 
       【 Layer.series / 宝瓶 M 】 
 
 
 
 
 
   今展示では、
 
   4色の2サイズ をご用意しております。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1552.jpg
 
 
 
 
 
 
 
   こちらの宝瓶は、
 
   それぞれに蓋の模様がデザインされています。 
 
 
 
 
   
      RIMG1562.jpg
 
 
 
 
 
   蓋が赤と青の作品は、
 
   水面の波紋がひろがるような美しさを湛えています。
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1567.jpg
 
       【 Layer.series / 宝瓶 M [ 赤 ] 】 
 
 
 
 
      RIMG1565.jpg
 
 
 
 
      RIMG1563.jpg
 
 
       
      RIMG1575.jpg
 
 
 
 
 
   品の良い佇まいに惹き込まれます。
 
    
 
 
 
 
 
 
      RIMG1568.jpg
 
       【 Layer.series / 宝瓶 M [ 青 ] 】       
 
 
 
 
      RIMG1569.jpg
 
 
 
      RIMG1570.jpg
 
 
 
 
 
 
   懐にしのばせて、
 
   気分次第でお茶を喫する愉しみを演出してくれます。
 
 
 
 
 
 
      RIMG1583.jpg
 
       【 Layer.series / 宝瓶 M [ 白 ] 】 
 
 
 
 
      RIMG1578.jpg
 
 
 
 
      RIMG1582.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
   こちらはたっぷりと注げるサイズの宝瓶です。
 
 
 
 
 
      RIMG1587.jpg 
 
       【 Layer.series / 宝瓶 L 】 
 
 
 
 
      RIMG1591.jpg
 
 
 
 
 
   こちらの作品は2色をご用意しております。  
 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1593.jpg 
 
       【 Layer.series / 宝瓶 L [ 青 ] 】
 
 
 
 
 
      RIMG1597.jpg
 
 
 
      RIMG1599.jpg
 
 
 
      RIMG1600.jpg
 
 
 
      
 
 
      RIMG1604.jpg
 
       【 Layer.series / 宝瓶 L [ オレンジ ] 】 
 
 
 
 
      RIMG1607.jpg
 
 
 
 
      RIMG1608.jpg
 
 
 
 
 
 
   注ぎたくなる急須たちが心待ちにしております。
 
 
 
 
 
 
       RIMG1556.jpg
 
 
 
 
 
   ぜひ、
 
   手にとってご覧ください。
 
 
 
 
    
 
 
 
    
      
 
 
 
 
       
 
 
 
 
 
 

nice!(2) 
共通テーマ:アート

営業時間変更のお知らせ。。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
 
   本日は祝事参加のため、
 
   営業時間を変更させていただきます。 
 
 
 
   ⇒  [  Lo   17:00  /  Close   17:30  ] 
 
 
 
 
 
 
      RIMG1465.jpg 
 
 
 
 
 
 
   お確かめの上、
 
   みなさまのご来廊をお待ちしております。 

nice!(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。