So-net無料ブログ作成
検索選択

『 新緑をそそぐ 』 展 - 飯田 万綾さんの茶器 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   本日は、
 
   大阪で作陶されている 飯田万綾さんの作品をご紹介。 
 
 
 
 
     RIMG3180.jpg 
 
 
 
 
   飯田さんは、
 
   今展示を含めてS'n緑an.で4度目のご参加となります。
 
 
 
 
     RIMG3178 (2).jpg 
 
      [  蓋碗 / ホワイトグレー  ]
 
 
 
 
   おなじみの “ ホワイトグレー ” の釉薬シリーズに
 
   「 蓋碗 ( がいわん ) 」 をお作りいただきました。 
 
   手に馴染むサイズ感で、
 
   あつあつの湯を入れても丁度良い厚みでしっかりと注げます。
 
 
   こちらの杯は、
 
   口元の作りと釉薬の色彩に目が惹かれます。 
 
 
 
 
     RIMG3207.jpg 
 
      [  杯 / ホワイトグレー  ] 
 
 
 
 
   練込みという技法を使った “ モノトーン ” シリーズもバリエーションが揃います。
 
 
 
 
     RIMG3194.jpg 
 
 
 
 
   最近では、
 
   フラットな作品や大きなサイズのプレートなども多く作られています。
 
 
 
 
     RIMG3196 (2).jpg
 
      [  プレート / モノトーン ( φ31cm )  ] 
 
 
 
     RIMG3197 (2).jpg 
 
 
 
 
   おもてなしの器やトレイとして、
 
   料理を惹き立ててくれます。
 
   
 
 
     RIMG3184.jpg
 
      [  しかく皿 / モノトーン  ] 
 
 
 
   様々なマーブルの紋様が浮かび上がり、
 
   目にも楽しい四角のお皿。
 
   菓子皿やアクセサリー置きなど、お好みの紋様でお選びいただけます。 
 
 

   
     RIMG3187.jpg 

      [  花器 / モノトーン  ]     
 
 
 
   飯田さんの花器はシンプルな姿形が美しく、
 
   マットな白肌に流れるように紋様が纏います。
 
   私も大好きな作品です。 
 
 
   そして、
 
   飯田さんの新作に、
 
   3種のサイズの掛花入も並びます。 
  
 
 
 
 
     RIMG3193.jpg 
 
      [  掛花入 ( 中 ) / モノトーン  ] 
 
 
 
 
   つづいて、
 
   こちらは薪窯で焼成された作品たちです。 

 
 
 
     RIMG3205.jpg 
 
      [  花器 / 淡緑  ] 
 
 
 
   焼成中に窯の中でかかって溶ける灰からうまれる自然釉の色彩。
 
   
 
 
     RIMG3206.jpg
 
      [  杯 / 淡緑  ] 
 
 
 
   薪窯の中で染まった濃淡の緑色が美しく表れます。  
   
 
 
 
     RIMG3239.jpg
 
      [  一輪挿 / 淡緑  ] 
 
 
 
     RIMG3242 (2).jpg
 
      [  茶碗 / 淡緑  ]
 
 
 
 
   こちらは、
 
   薪窯で焼成された新しい作品です。
 
 
 
     
     RIMG3216 (2).jpg
 
 
 
 
   薪窯でも
 
   それぞれの薪窯の焼き上がる特性があるそうで、
 
   同じ素材で作ったものを入れても全く違った風合いに焼き上がるのだそうです。  
 
 
 
 
 
     RIMG3220.jpg 
 
 
 
 
   飯田さんの今までにない形や色合いの杯が並びます。 
 
 
 
 
     RIMG3221.jpg 
 
 
 
 
   それぞれの杯の焼色や質感、景色の表情を
 
   杯の全面からお愉しみいただけます。 
 
 
 
 
     RIMG3230 (2).jpg
 
 
 
      
   こちらは、
 
   火色がえも言われぬ紋様を描きます。
 
 
 
 
     RIMG3213.jpg 
 
 
 
 
   炎がうつわを通り抜け、炎が触れた痕跡の美しさ。
 
 
 
 
     RIMG3235.jpg 
 
 
 
 
   茶杯としても、酒宴の席にも華を添えてくれるひと品です。
 
 
 
 
 
     RIMG3226 (2).jpg 
 
 
 
 
   飯田さんの新たな試みを   
 
   ぜひ、ご高覧ください。 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展  作家在廊のお知らせ。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
   明日 5/29 (sun) は、
 
   陶芸作家の飯田万綾さん、中尾心啓さんと
 
   木工作家の今池七重さんが在廊予定です。
 
 
 
 
      RIMG3105.jpg 
 
 
 
 
   みなさまのご来廊を
 
   心よりお待ちしております。 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 - 伊藤雅風さんの茶器 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   本日は、
 
   急須作家 伊藤雅風さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
     RIMG3137.jpg 
 
      [  ソロバン形急須 ] 
 
 
 
 
   伊藤さんは、
 
   昔ながらの土作りにこだわり急須を作られています。
 
 
   知多半島でとれる赤土と田土を使い、
 
   弁柄 ( べんがら ) や長石などは入れず、
 
   ミルですって粒子を細かくしたものではなく水簸 ( すいひ ) で作った土を使用されます。
 
   これは朱泥が発明された当初の明治時代からの急須の作り方で、
 
   出来上がった土を 「 本朱泥 ( ほんしゅでい ) 」 と呼んでいるそうです。
 
 
 
 
     RIMG3131.jpg 
 
      [  梨皮絞り出し  ] 
 
 
 
 
   伊藤さんは本朱泥の製法に従い、
 
   土は山から掘り出し、
 
   撹拌して濾す作業を2~3ヶ月以上の時間をかけて毎日行われています。
 
   そうして、
 
   砂や不純物が取り除かれ、きめ細やかな質感が生まれるのです。
 
   ようやく土が粘土として使えるようになるまでを半年ほどの時間をかけ、
 
   ゆっくりと丁寧に土が作られてゆくのです。
 
 
 
 
     RIMG3143.jpg
 
          
 
    
   伊藤さんの急須は、
 
   様々な茶の専門店や茶人、茶を嗜む方たちに広く好まれて使われています。
 
   伊藤さんの急須で入れた茶の味わいや佇まいの美しさ・・・
 
   ひとことでは言い表せない趣に魅了されるのでしょう・・・ 
 
 
 
 
     RIMG3118.jpg
 
      [ (左) 平形後手急須 /  (右) 梨皮丸形後手急須  ] 
 
 
 
   会期中は、
 
   様々なサイズ感や形状の種類の急須をご覧いただけます。
 
   
 
 
 
 
     RIMG3144.jpg
 
      [  梨皮長丸形急須  ] 
 
 
 
     RIMG3157.jpg
 
      [  梨皮ソロバン形急須  ] 
 
 
 
     RIMG3151.jpg
 
      [  平形急須 ( ツバ付 )  ] 
 
 
 
 
   蓋碗や湯冷、茶杯も並びます。 
 
 
 
 
     RIMG3148.jpg 
 
      [  (左) 蓋碗浅碗形 /  (右) 蓋碗朝顔形  ] 
 
 
 
 
     RIMG3163.jpg 
 
      [  梨皮湯冷  ] 
 
 
 
     RIMG3170.jpg
 
      [  梨皮茶杯5客組  ] 
 
     
 
 
   ひとつひとつがこだわりある、
 
   伊藤さんの丁寧な手仕事あふれる急須を 
 
   ぜひ、
 
   手に取ってご覧ください。 
 
     
 
 
 
 
    

nice!(1) 
共通テーマ:アート

ヨガイベント 『 紫陽花色に染まる季節に ゆるりヨガ 』 のお知らせ。。 [イベント・ワークショップ]

 
 
 
 
   6月は梅雨をむかえて紫陽花色に彩られる季節。
 
   ゆるりヨガのテーマも初夏バージョンに移ります。
 
 
     
   紫陽花色に染まる季節に ゆるりヨガ 】 
 
 

   S'n緑an. の畳のスペースで、
 
   2名様ずつ限定の初心者の方に向けたヨガ教室を開催します。 
 
   難しいポージングなどはなく、
 
   身体に話しかけながら 「 気持ちいい 」 を体感していただける内容となっております。 
 
   そして、
 
   ヨガをお愉しみいただいた後に、
 
   身体にやさしいランチセットでゆったりとお寛ぎいただけます。
 
   ( 季節のキッシュと野菜のスープ + 季節のお茶とお茶請け ) 
    
 
 
 
       
 
      RIMG2361.jpg
 
 
 
 
 
 
    “  ヨガには、
 
       「 イマココ 」 = 「 今のここを生きる 」 という考え方があります。
 
       今に集中できていれば、余計な力は自然と抜けます。
 
       そうすることで、
 
       自身の身体と心のコントロールがしやすくなってきます。
 
      
       身体が柔軟でないとヨガはできないと思っていらっしゃる方や、
 
       身体のコリや疲れがとれない方、
 
       初めての方に向けての身体と心をゆるめるヨガをお伝えします。
 
 
                           - 講師  ヨガインストラクター   けいこ -   ”
 
 
 
 
  [  Profile  ] 
 
 
    ヨガインストラクター   けいこ 
 
 
    けいこさんは、
 
    2歳の娘様がいらっしゃるママさんヨガインストラクターです。
 
    ハタヨガ ( 基本的なヨガ ) を中心に、
 
    マタニティ・ヨガやシニアヨガ、解剖学も学ばれています。
 
 
    もともとけいこさん自身、身体が丈夫なほうではなく、 
 
    冷え性生理痛にも悩まされていたそうです。
 
    そして、
 
    お子様の出産を機に体質改善をしたいと思い、ヨガを始めたそうです。 
 
 
    けいこさんのヨガは、
 
    その人その人の今の状態に寄り添いながら、
 
    身体と心の声に耳をかたむけていきます。
 
    動きにくくなっている部分や流れが滞りがちになっているところを、
 
    「 伸びてるなぁ~ 」 「 気持ちいいなぁ~ 」 と感じながらゆっくりと身体に語りかけていきます。
 
    “ 心地良い ” という感覚を大切に伝えてくださいます。
 
     
 
 
 
      RIMG3046.jpg
 
 
 
 
 
   ・ 日程
 
 
     6/18 (土)  /  6/30 (木)
 
     10:30 - 12:30   [  ヨガ 約60分 + ランチタイム ]
 
     季節のキッシュと野菜スープのランチセットをご用意しております。 
 
 
     ※ お着替えの時間を含めまして、15分前にお越しください。 

      
   ・ 参加費
 
     ¥3,000  [ S'n緑an.のあたたまるカフェセット付 ]
 
 
   ・ 持ち物
 
     動きやすい服装、水などの水分補給のできるお飲み物、ヨガマット(無料でレンタルできます)
 
 
   ※ 女性限定の各曜日定員2名様までとさせていただきます。
 
   ※ お食事は1時間前までにおすませください。
 
   ※ ヨガマットをレンタルご希望の方は、事前にお問い合わせの際にお伝えください。 
 
 
 
  [  お問い合わせ先 ]
 
   Gallery Cafe S'n緑an. 
 
    Tel    o6-6450-8688   ( 月曜日定休 /  営業時間 12:00 - 20:00 )
 
 
   体験してみたいけれど、
 
   いつも日程の調整がむずかしいなぁ~と感じていらっしゃる方に・・・
 
   2名様でのご予約でご希望の日程に添えますようご相談に応じさせていただきます。
 
   気軽にお問い合わせください♫♬♪ 
  
  

     
 
      RIMG0378.jpg
 

 
      
   移ろう季節を感じながら、
 
   身体と気持ちをゆるめてみませんか?  
 
 

nice!(0) 
共通テーマ:アート

One day イベント 『 玄米甘酒のランチ 』 を終えて。。 [イベント・ワークショップ]


 
 
   6/22 (sun) に開催いたしました
 
   講師 藤本奈緒美さんによります
 
        『 玄米甘酒のランチ 』 のメニューをご紹介させていただきます。
 
 
 
 
       RIMG3075.jpg
 
 
 
 
   【 玄米甘酒ランチ メニュー 】 
 
 
    ・ 食前甘酒
 
    ・ 無農薬のえんどう豆のスープ
 
    ・ 有機野菜のスティック & 玄米甘酒胡麻味噌ディップ
 
    ・ 二種のナッツ ( ピーカンナッツ & ヘーゼルナッツ ) とカボチャのサラダ
 
    ・ お野菜とキアヌ、ひよこ豆のバルサミコ酢サラダ
 
    ・ 玄米甘酒とココナッツオイルの胡桃スコーン大豆入り
 
    ・ 玄米甘酒とラムレーズンのココアパウンドケーキ 豆腐クリーム添え
 
    ・ 水出し冷茶 ( 鉄観音茶 or 大和焙煎茶 )
 
 
 
 
      RIMG3058.jpg
 
 
 
 
   野菜たっぷりのボリューム満点玄米甘酒料理を
 
   みなさまにご堪能いただきました。
 
   藤本さんのご実家で栽培されている野菜を使ったお料理は、
 
   しっかりとした野菜本来の甘みと味わいを感じました。
 
   そして、
 
   玄米甘酒のやさしい甘さとコクが
 
   どのお料理にもひと味ちがった美味しさをひき立てていました。 
 
   
   ご参加いただいた皆さまは、
 
   発酵食や身体の健康に関心の高い方ばかりで、
 
   ご自身で醤をお作りになっている方もいらっしゃいました。
 
 
   わたしもしっかりと戴きました。
 
   藤本さんのお料理は、
 
   ニューヨークで学ばれた内容や食材も取り入れて、
 
   素材の美味しさを玄米甘酒を使ってよりいっそう際立つ味わいに作られています。
 
   シンプルなようで、
 
   食材の工夫と組合わせのセンスが光ります。 
 
 
   わたし自身、
 
   第二回目を期待しているひとりです♫♬♪ 
 
    
 
 
 

nice!(0) 
共通テーマ:アート

ワークショップ  『玄米で作る甘酒 vol.2 』 開催のお知らせ。。。 [イベント・ワークショップ]


 
 
 
   前回ご好評いただきました
 
   講師の藤本奈緒美さんによります、 
 
   『 玄米で作る甘酒 vol.2 』 のワークショップを開催します。
 
 
   
 
  【 玄米で作る甘酒 】
 
 
 
 
   甘酒は日本古来より伝わる伝統的な発酵食です。 
 
   玄米甘酒は、
 
   原料に玄米 ・ 米麹 ・ 水を使った甘酒です。
 
   ノンアルコール ・ ノンシュガーですので、
 
   アルコールが苦手な方やお子様にも安心してお飲みいただけます。
 
   そして、
 
   手作りの玄米甘酒には酵素が豊富に含まれており、
 
   「 飲む点滴 & 美容液 」 ともいわれ、疲労回復にも良いとされています。  
  
 
   甘酒の効能を学びながら、
 
    「 玄米甘酒 」 の作り方のデモンストレーションをご覧いただきます。 
 
   そのあとに、
 
   玄米甘酒と玄米甘酒を使ったひんやりスイーツをお召し上がりいただけます。
 
   
 
   
 
      RIMG0046.jpg 
 
 
 
 
 
 
  [  Profile ] 
 
 
    - 講師 -  藤本 奈緒美  ( フジモト ナオミ )
 
 
 
    家族のアトピーや自身の体調不良により、
 
    マクロビオティックなど様々な食事療法を独学で学び、食生活に取り入れる。
 
    2013年から2年間、主人の仕事でニューヨークに在住。
 
    NYの日本人向け食品販売サイトにおいて、
 
    無添加パン作りのアシスタントを勤めながらNYの料理学校にて、
 
    アメリカンスタイルの料理を学ぶ。
 
    また、
 
    日本人女性が主催する発酵料理教室にて、
 
    塩麹や玄米甘酒の作り方を学び、スイーツや料理への応用を日々研究中です。 
 
 
 
 
    藤本さんは、
 
    小学生のお子様がいらっしゃるママさんです。
 
    ニューヨークでのアシスタント経験を活かして、 
 
    普段のお食事やお子様のお菓子に調味料として玄米甘酒を使い、
 
    ご家族や自身の身体と向き合ってお料理をされています。
 
    そして、
 
    日々玄米甘酒の可能性を探求されています。 
 

 
    私は藤本さんと出会って初めて玄米甘酒の存在を知りました。
 
    今までに飲んできたことのある甘酒は、
 
    酒粕が原料となっているもので、すすんで飲みたいと思ったことはありませんでした。
 
 
    藤本さんの玄米甘酒は、
 
    お砂糖を使っていないのにしっかりとした甘みが感じれて、
 
    「 これが甘酒なの~!? 」 と初めての美味しさにキョトン・・・でした。
 
    調味料として使えたり、酵素もいっしょに摂れる万能さにも驚きました。 
 
    私自身玄米甘酒の可能性をもっと知りたくなり、
 
    藤本さんに教えてもらいながら、さまざまな食材にプラスして楽しんでいます。
  
 
 
 
 
  ・ 日程 
 
    6/12 (日) 
    
    [  11:00 - 12:30 ( 約90分 )  ] 
 
     
 
  ・ 参加費
 
    ¥2,000 
 
    [  玄米甘酒とスイーツのレシピ + 玄米甘酒ひんやりスイーツ + 季節のお茶 ]
 
    ※ お子様も一緒にご参加いただけます。
 
       小学生未満のお子様は無料でご参加いただけます。
 
 
 
  ・ 定員
 
    10名様
 
    [  小学生以上のお子様は、1名様でご用意させていただきます。 ] 
 
 
 
  ・ 持ち物
 
    筆記用具 
 
 
 
  ※ お子様も一緒にご参加いただけます。
 
     ご予約の際にお伝えください。 
 
  ※ 定員になり次第、受付終了とさせていただきます。
 
    予めご了承ください。 
 
  ※ キャンセルは一週間前までとさせていただきます。
 
     それ以降のキャンセルは代金を頂戴いたします。 
 
 
 
 
  [  お問い合わせ先 ]
 
 
   Gallery Cafe S'n緑an. 
 
    Tel    o6-6450-8688   ( 月曜日定休 /  営業時間 12:00 - 20:00 )
  
 
 
 
 
     RIMG2997 (2).jpg 
      
 
      
 

   暑さで身体がバテやすい夏にむけて、
 
   美味しく、身体に良いことだらけの玄米甘酒を
 
   ご自宅で作ってみませんか? 
   

nice!(0) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 はじまりました。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   昨日より始まりました
 
   『 新緑をそそぐ 』 展。
 
 
 
 
      RIMG3080.jpg
 
 
 
   今企画展は、
 
   5名の作家によります茶に纏わるうつわや道具をご用意しております。
 
 
 
   【 参加l作家 】 
 
 
    飯田 万綾 [ 陶芸 ]
 
    井倉 幸太郎  [ 陶芸 ]
 
    伊藤 雅風  [ 陶芸 ]
 
    今池 七重 [ 木工 ] 
 
     中尾 心啓 [ 陶芸 ]
 
 
 
 
 
     RIMG3083.jpg
 
 
 
 
   畳のスペースでは、
 
   茶の設えとともに今池さんの正座がとっても楽になる
 
   “ 座キノコ ” に座ってお試しいただけます。
 
   カラーや紋様も素敵なバリエーションがございます。 
 
 
 
 
     RIMG3081.jpg
 
 
 
 
   茶を愉しむ空間の設えとして、
 
   花器や掛花入なども並びます。   
 
 
 
 
     RIMG3086.jpg 
 
 
 
 
   新茶の恵みを味わう季節に、
 
   お好みの設えで楽しみませんか? 
 
 
    
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

心をひろげるということ。。 [トアルヒノコト]


 
 
 
  - 心をひろげるということ -
 
 
 
   植物たちは
 
   季節を感じて緑の色を深めていく・・・
 
   自然なこと
 
   自分が何者であるか
 
   知っていて、いともたやすく表現できる
 
   太陽の光の色を感じ
 
   すり抜ける風を感じ
 
   雨粒の潤いを感じ
 
   生き物たちの鼓動を感じ
 
   月夜に照らされ星を見つめる・・・
 
 
 
 
      RIMG3025.jpg
 
 
 
 
 
   あるがままの姿で
 
   受け入れては流していく・・・
 
   自分に必要なことをわかっている
 
   無理したり、欲張ったりしない
 
   ただただ巡りゆく季節を感じながら
 
   必要な姿に変えていくだけ・・・
 
   自分の種(いのち)をひろげて繋いでいく
 
   蝶やいろんな虫たちとお話しながら・・・
 
   人のことなど気にしてはいない
 
   今のここを感じて生きている
 
   今日も、明日も・・・ 
 
 
 
    

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 サトウタカヒト 個展 - とうめい - 』 を終えて。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
 
   先週をもちまして、
 
   『 サトウタカヒト  個展   - とうめい -  』 は終了いたしました。
 
   遠方からも、
 
   多くの皆さまに足をお運び頂き、ありがとうございました。 
  
 
   そして、
 
   東京よりお越しくださいました サトウタカヒトさん、
 
 
 
 
      RIMG2863.jpg
 
 
 
 
   アシスタントとして一緒に奮闘してくださいましたワタナベさん、 
 
   本当に、ありがとうございました。  
 
 
 
 
      RIMG2861.jpg
 
 
 
 
   今回で2度目の個展を開催していただきました。
 
   S'n緑an.の空間には、
 
   サトウさんの透明な色彩から生まれる
 
   いのちのグラデーションが輝き満ちていました。
 
 
   
 
      RIMG2851 (2).jpg 
 
 
 
 
   “ その時に、その場所でしか見られないものを ” 
 
   サトウさんの純粋な透明さに触れ、
 
   作家としての真っ直ぐな力強い姿を感じました。
    
  
 

   今企画展の作品とポストカードを少しずつではありますが、

   引き続き、常設の際に展示販売させていただきます。

 


      RIMG2886.jpg 
 
 
 
 
   次の春は
 
   どのような企みをもっていらしてくださるのか・・・ 
 

 
   
      RIMG3008.jpg 
 
 
 
 
   今から楽しみがこぼれます。      
 
 
   サトウさんの季節を
 
   みなさま、お楽しみに♫♬♪ 
  
 

      
      RIMG3014.jpg
 
 
 

  
 
 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 サトウタカヒト 個展 - とうめい - 』 - Installation - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   昨年の “ Swarm of the Blue ” に引き続き、
 
    S'n緑an.の空間にひろがるインスタレーション作品です。
 
 
 
 
      IMG_20160506_141639.jpg 
 
       [  ひかりのありか /  Installation  ]
 
 
 
 
   “ わたしたちは普段、目の前に光があるということを意識しないが、
 
     ものが見えるということは、その場所に光があるということである。
 
     縦横無尽に張り巡らされた透明の糸が光を捉え、
 
     その空間に光が満ちているということをわたしたちに教えてくれる。 ” 
 
 
   時間の流れとともに、映しだされる光の変化。
 
   線から点へと・・・
 
   様々にひかりの粒たちが動き出します。
 
 
   明日 5/7 (sat) 、 5/8 (sun) に
 
   サトウタカヒトさんが在廊されます。
 
   ぜひ、皆さまのご来廊をお待ちしております。 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。