So-net無料ブログ作成
検索選択
S'n緑an.Gallery ブログトップ
前の10件 | -

9月企画展 『 FURNITURE STUDIO COM solo exihibition 』 開催のお知らせ。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   9月の企画展は、
 
   奈良で制作されている 家具職人 ・ 木工作家である
 
    「 FURNITURE STUDIO COM 」 近藤雄士さん の個展を開催いたします。
 
  
 
 
 【  FURNITURE STUDIO COM solo exhibition  】 
 
 
   2016. 9/10 (sat) - 9/25 (sun)     
  
   [  会期中休み  9/12 (mon) , 9/19 (mon)  ]  
   
    
 
      FURNITURE STUDIO COM DM表.jpg
 
 
 
 
 
   S'n緑an. で初めての個展となります 
 
   " FURNITURE STUDIO COM " の近藤雄士さん。
 
   家具職人を生業としながら職人の確かな技術を活かして
 
   うつわやカトラリー、ランプシェイド、花器等々、幅広い作品を制作されています。 
 
   シンプルなデザインの中に生まれる面の美しさ。
 
   使うイメージを膨らませてくれるフォルムや木肌のあたたかさ。 
 
   手に取ると感じる心地良さと日々の使いやすさに
 
   職人の技が光ります。
 
 
    
 
 
   「  木は見ても美しい、使っても素晴らしい、
 
      そして何よりも私たちの生活に欠かせないものです。
 
      木から感じるぬくもりややさしさ、
 
      自然の尊さを感じていただけるよう製作しています。   」 
 
 
                   -  FURNITURE STUDIO COM   近藤雄士  - 
   
 
   
 
  [ Profile ]

 

   FURNITURE STUDIO COM   /    家具職人 ・ 木工作家

 

    2005  4年間の修行を経て家具職人として独立

    2007  ならグッドデザイン賞 入選

    2008  朝日現代クラフト展 入選

     現在は奈良市に工房を構え、全国各地のイベント・クラフトフェアに参加。  

 

   今個展では、

   一日の様々なシーンを通してお愉しみいただける作品が並びます。

 
   そして、
 
   FURNITURE STUDIO COM さんのうつわや匙でお楽しみいただける
 
   ランチイベントを開催いたします。
 
 
 
   [ Lunch event   ]
 
 
    2016.9.18 (sun)      -  開催時間 11:00 ~ 14:00  -
 
 
    FURNITURE STUDIO COM さんのうつわや匙で、
 
    S'n緑an. オーナーのこだわり特製カレーのランチセットをお楽しみいただけます。
 
 
  [  料金  ]  ¥1,000  ( 薬膳スイーツ + 冷茶 付 ) 
 
   ※ 数量に限りがございますので、予めご了承ください。 
 
 
   
   みなさまのご来場を
 
   心よりお待ちしております。    
 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 - 中尾 心啓さんの茶器 - [S'n緑an.Gallery]





   本日は、

   奈良県生駒市で作陶されています 中尾 心啓 ( むねひろ ) さんの作品をご紹介。




     RIMG3449.jpg


      

   中尾さんは

   岡山で備前焼の窯元で修行をし、

   その後、地元である奈良で赤膚焼の窯元で修行された後に独立されました。




     RIMG3444.jpg


      

   轆轤師として挽き物の職人をされており、さらに自身の作品も制作されています。

   そして、

   奈良の伝統的な白萩釉を用いた 「 赤膚焼 」 で表現され、

   おもに、

   信楽の赤土をメインに作品の表現方法により、

   愛知の志野土や九谷の磁土をブレンドして土を捏ねるそうです。


   灯油窯で焼成すると、

   窯詰めをした場所によって焼色に変化が出るそうで、
 
   焼き色の違いをお愉しみいただけます。 

   

 
     RIMG3445.jpg




   中尾さんは、
 
   均一なサイズを形にできる職人ならではの、

   うつわは重ねて置いても美しい姿で収納できる作品をと
 
   形作られています。




     RIMG3429.jpg?



      
 
   今展示では、

   さまざまな宝瓶が並びます。
 
 
 
     RIMG3439.jpg
 
 
 
 
   蓋のつまみの形や、
 
   植物の葉や花開く様をひとつひとつ違った文様で表現されています。 
  
 
 
 
     RIMG3442.jpg 
 
 
 
   上から見ると、
 
   見事な大輪が花開いているかのようです。 
 
 
 
     RIMG3443.jpg 
 
 
 
 
 
   こちらの作品には、

   「 鎬 ( しのぎ ) 」 という技法で紋様が表わされています。
  
 
 
 
     RIMG3424.jpg 
 
 
     RIMG3426.jpg 
 
 

 
 
   こちらの作品は、
 
   蓮の文様が上品に削り彫られています。 
 

 
     RIMG3420.jpg 
 
 
 
     RIMG3421.jpg 
 
 
 
   
 
   中尾さんの宝瓶は、
 
   たっぷりと注いでも湯切れが良く、
 
   やさしい持ち手で安心してお使いいただけます。

 
 
 
     RIMG3422.jpg 
 
 
     RIMG3423.jpg 
 
 
 
 
   中尾さんの新たな挑戦に、
 
   焼成で焼き色に変化を加えた宝瓶もご用意いただきました。
 


 
     RIMG3418.jpg


 
     RIMG3419.jpg


 
   
   今までの作品よりも小ぶりで持ちやすいなサイズ感の宝瓶が並びます。
    
 
 
 
     RIMG3435.jpg

 
 
     RIMG3437.jpg




   焼き色と葉の文様が美しく浮かび上がり、
 
   季節の風が吹き抜けるような清々しさを感じます。   
 
 
 
     RIMG3430.jpg


 
     RIMG3454.jpg


 
 
   内側の焼き色から生まれる景色も
 
   使う毎の育てる変化を愉しませてくれそうなひと品です。 
 
 
 
 
     RIMG3432.jpg


 
 
   こちらは、
 
   藤の花をモチーフに初めて 「 鉄絵 」 で描かれた作品です。
 
 
 
 
     RIMG3455.jpg


 
 
   藤の細い葉が
 
   薫風にたなびいているかのようです。 
 
 
 
 
     RIMG3457.jpg


 
     RIMG3447.jpg




   本日で企画展最終日となります。

   陶芸作家 ・ 飯田万綾さん、中尾心啓さん、

   木工作家 ・ 今池七重さんが在廊されます。

   そして、

   ワークショップ 「 新茶と茶器を愉しむ時間 」 もお愉しみいただけます。




     RIMG3452.jpg



 
   みなさまのご来廊を

   心よりお待ちしております。





     


   

nice!(1) 
共通テーマ:アート

ワークショップ 『 新茶と茶器を愉しむ時間 』 開催中。。 [S'n緑an.Gallery]



?
?
   本日 6/4 (sat) 、6/5 (sun) の2日間に

   S'n緑an. の畳のスペースでワークショップ 「 新茶と茶器を愉しむ時間 」 を開催します。



   煎茶工芸作家 ・ 稲澤隆生氏によります、

   季節の煎茶をお楽しみいただける煎茶会です。

   稲澤さんに熊本宮崎、宇治の茶葉をご用意いただいております。

   
?
?
     IMG_20160604_115020.jpg?
   
?
?
?
   そして、?
?
   京都菓子司 柏屋光貞の “ おおきに ” 4種をご用意しております。


?
?
     IMG_20160604_121848.jpg?
?
?
?
?
   どなた様も
?
   ご予約なしでご自由にご参加いただけます。

   ( 来場状況でお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。)

   ご興味のある方は、

   ぜひご参加ください[ムード]




nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 - 井倉 幸太郎さんの茶器 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   本日は、
 
   奈良の剣豪の里、柳生で作陶されている 井倉幸太郎さんの作品をご紹介。 
 
 
 
 
     RIMG3351.jpg 
 
 
 
 
   伊倉さんは、
 
   独自の青白磁・白磁を生み出し制作されています。
 
 
 
 
     RIMG3387.jpg 
 
 
 
 
   涼やかな色合いと繊細なつくりに目を惹かれます。
 
 
 
 
     RIMG3398.jpg
 
      [  青白磁輪花急須  ] 
 
 
 
     RIMG3399.jpg 
 
 
 
      RIMG3394.jpg
 
      [  青白磁輪花急須  ]
 
 
 
 
   こちらの湯冷ましは、
 
   茶器としても酒器としてもお愉しみいただけます。 
 
 
 
 
     RIMG3397.jpg 
 
      [  青白磁輪花湯さまし  ]
 
 
 
     RIMG3396.jpg 
 
 
 
 
   おもてなしに
 
   五客組の煎茶碗を。    
 
 
     
     RIMG3409.jpg 
 
      [  影青煎茶碗揃  ]
 
 
 
     RIMG3411.jpg 
 
 
 
 
   光を纏い、
 
   美しく透けては華やぎます。 
 
 
 
 
     RIMG3377.jpg 
 
 
 
 
   輪花のかたちの煎茶碗も。 
 
 
 
     
     RIMG3416.jpg 
 
      [  青白磁輪花煎茶碗揃  ] 
 
 
 
   茶席の空間が美しく花開きます。     
 
 
 
 
     RIMG3404.jpg
 
 
 
 
   伊倉さんの青白磁の世界観を
 
   ぜひ、ご高覧ください。 
 
      

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 - 今池 七重さんの茶道具 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   本日は、
 
   奈良で制作されている今池七重さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
      RIMG3322 (2).jpg
 
      [  花器  ] 
 
 
 
 
   今池さんは、
 
   3年前に 「 木工七木 」 を開房され、棚やテーブル、椅子といった家具類や
 
   トレーや長皿、花器、カトラリー等の多くの作品を作られています。
 
 
 
 
     RIMG3334.jpg 
 
      [  座キノコ  ] 
 
 
 
   今展示では、
 
   新緑の季節に合わせてお作りいただいた新しい作品が並びます。
 
   
 
   そのひとつに、
 
   新緑の葉をモチーフに “ 葉っぱ型コースター ” をお作りいただきました。
 
 
 
 
     RIMG3298.jpg 
 
 
 
 
   素材はクリと桜の2種類で、
 
   どちらも強度に優れ、水分に強い素材です。 
 
 
 
 
     RIMG3301.jpg 
 
      [  葉っぱ型コースター / (左) クリ (右) 桜  ] 
 
 
 
   とても愛らしい形に、
 
   それぞれの木目の紋様や色彩が浮かび上がります。
 
   コースターや菓子皿としてお楽しみいただけます。
 
 
   こちらも新作のカトラリーたちです。      
 
 
 
 
     RIMG3346 (2).jpg  
 
 
 
 
   この菓子切りは、 
 
   2種類の木を組み合わせて作られています。 
 
 
 
     RIMG3347 (2).jpg
 
      [  菓子切り  /  (上) メープル・桜  (下) ブラックウォールナット・クリ  ]
 
 
 
   とても手の込んだつくりで、
 
   木のすべすべとした手触りが心地良く、手に馴染む持ち手です。 
 
 
 
 
     RIMG3349.jpg 
 
      [  スプーン  /  (上) クルミ  (下) 桜  ] 
 
 
 
   お茶の時間にお使いいただける
 
   可愛いサイズ感の匙もお選びいただけます。 
 
 
 
   トレーや長皿、様々な形の盆も並びます。 
 
    
 
 
      RIMG3245 (2).jpg
 
      [  トレー  /  (上) 山桜 (中) メープル (下) 黒漆・クリ  ]
 
 
 
 
     RIMG3247 (2).jpg 
 
      [  (上) 拭き漆丸トレー・ケヤキ /  (下) 漆トレー・ケヤキ  ]
 
 
 
     RIMG3273.jpg
 
      [  (上) ヒノキトレー /  (下) 杉トレー  ] 
 
 
 
      RIMG3272.jpg
 
      [  (上) クルミトレー /  (下) ヒノキトレー (紋様)  ] 
 
 
 
   ヒノキトレーは、
 
   掘り進める方向を変えて紋様を表現されています。 
 
 
 
 
     RIMG3250.jpg
 
      [  丸盆 / 山桜  ] 
 
 
 
     RIMG3253.jpg 
 
 
 
   手彫りで彫られている彫り目から、
 
   ひとつひとつ違う表情が表われます。 
 
  
 
 
 
     RIMG3257.jpg
 
      [  しずく盆  /  メープル  ] 
 
 
 
     RIMG3258.jpg 
 
 
 
 
   今展示では、
 
   15種類の木材を使った作品をご覧いただけます。 
 
 
 
 
     RIMG3275.jpg 
  
      [  (上) 拭き漆トレー・クリ /  (下) クルミ拭き漆長皿  ] 
 
 
 

     RIMG3280 (2).jpg
 
 
 
 
   大切なお客様へのおもてなしや
 
   自分好みに組み合わせても。 
  
 
 
 
     RIMG3291.jpg 
 
      [  トレー / クリ  ]
 
 
 
     RIMG3285.jpg
 
 
 
     RIMG3287.jpg
 
 
 
 
     RIMG3264.jpg 
 
      [  コースター /  ヒノキ・ウォールナット・クリ  ] 
 
 
 
 
   花器やすいはつ、一輪挿も並びます。
        
 
 
 
     RIMG3318 (2).jpg 
 
      [  額型花器  /  山桜  ] 
    
 
 
 
   こちらは錫作家 新井良子さんとのコラボ作品、“ 額型花器 ” です。
 
   絵画のように季節の彩りを添えてお愉しみいただけます。 
 
 
 
 
 
          RIMG3316.jpg
 
    [  すいはつ  /  山桜  ]  
 
 
 
 
   木目や形のバリエーションが目を惹く一輪挿しも並びます。     
 
 
 
 
     RIMG3326.jpg 
 
      [  花器 /  (左) シンパク  (中) 山桜  (右) カシ  ]  
 
 
 
     RIMG3328 (2).jpg    
 
      [  花器  /  (左) 山桜  (右) シンパク  ] 
 
 
 
   「 真柏 ( シンパク ) 」 という木は香木としても使われ、
 
   とても神聖なものとされています。
 
   この花器に鼻を近づけてみると、
 
   古からの上品な香りが鼻腔を通り抜けます。 
 
 
 
   こちらの “ 座キノコ ” は、
 
   正座がとっても楽になるキノコ頭が愛らしい座椅子です。 
 
 
 
 
     RIMG3341.jpg 
 
 
 
 
   新緑色の新色に
 
   エメラルドグリーンの座キノコもお作りいただきました。 
    
 
 
     RIMG3331 (2).jpg 
 
 
 
 
   こちらの墨で描いてデザインされている作品は、
 
   奈良在住の墨アーティスト ・ イマタニカナコさんの奈良墨アート作品とのコラボ座キノコです。
 
 
 
 
      RIMG3337 (2).jpg
 
 
 
 
   およそ50色の中から、
 
   お好みの色をお選びいいただけます。 
 
   そして、
 
   今池さんは奈良で制作されていることもあり、
 
   シカ柄の座キノコも作られているとのこと。 
 
 
 
 
     RIMG3339 (2).jpg 
 
 
 
   座キノコは、
 
   足の部分が取り外すことができ、
 
   
 
     RIMG3343.jpg 
 
 
 
   折りたたんで移動の際に持ち運びができる優れものです。 
 
 
 
 
     RIMG3342 (2).jpg
 
 
 
 
   アイデア溢れる便利なひと品です。 
 
 
 
 
     RIMG3345.jpg 
 
 
 
 
   今池さんの創作あふれる作品を、
 
   ぜひ、ご高覧ください♫♬♪ 
 
 
 
      
      RIMG3313.jpg
 
      

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 - 飯田 万綾さんの茶器 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   本日は、
 
   大阪で作陶されている 飯田万綾さんの作品をご紹介。 
 
 
 
 
     RIMG3180.jpg 
 
 
 
 
   飯田さんは、
 
   今展示を含めてS'n緑an.で4度目のご参加となります。
 
 
 
 
     RIMG3178 (2).jpg 
 
      [  蓋碗 / ホワイトグレー  ]
 
 
 
 
   おなじみの “ ホワイトグレー ” の釉薬シリーズに
 
   「 蓋碗 ( がいわん ) 」 をお作りいただきました。 
 
   手に馴染むサイズ感で、
 
   あつあつの湯を入れても丁度良い厚みでしっかりと注げます。
 
 
   こちらの杯は、
 
   口元の作りと釉薬の色彩に目が惹かれます。 
 
 
 
 
     RIMG3207.jpg 
 
      [  杯 / ホワイトグレー  ] 
 
 
 
 
   練込みという技法を使った “ モノトーン ” シリーズもバリエーションが揃います。
 
 
 
 
     RIMG3194.jpg 
 
 
 
 
   最近では、
 
   フラットな作品や大きなサイズのプレートなども多く作られています。
 
 
 
 
     RIMG3196 (2).jpg
 
      [  プレート / モノトーン ( φ31cm )  ] 
 
 
 
     RIMG3197 (2).jpg 
 
 
 
 
   おもてなしの器やトレイとして、
 
   料理を惹き立ててくれます。
 
   
 
 
     RIMG3184.jpg
 
      [  しかく皿 / モノトーン  ] 
 
 
 
   様々なマーブルの紋様が浮かび上がり、
 
   目にも楽しい四角のお皿。
 
   菓子皿やアクセサリー置きなど、お好みの紋様でお選びいただけます。 
 
 

   
     RIMG3187.jpg 

      [  花器 / モノトーン  ]     
 
 
 
   飯田さんの花器はシンプルな姿形が美しく、
 
   マットな白肌に流れるように紋様が纏います。
 
   私も大好きな作品です。 
 
 
   そして、
 
   飯田さんの新作に、
 
   3種のサイズの掛花入も並びます。 
  
 
 
 
 
     RIMG3193.jpg 
 
      [  掛花入 ( 中 ) / モノトーン  ] 
 
 
 
 
   つづいて、
 
   こちらは薪窯で焼成された作品たちです。 

 
 
 
     RIMG3205.jpg 
 
      [  花器 / 淡緑  ] 
 
 
 
   焼成中に窯の中でかかって溶ける灰からうまれる自然釉の色彩。
 
   
 
 
     RIMG3206.jpg
 
      [  杯 / 淡緑  ] 
 
 
 
   薪窯の中で染まった濃淡の緑色が美しく表れます。  
   
 
 
 
     RIMG3239.jpg
 
      [  一輪挿 / 淡緑  ] 
 
 
 
     RIMG3242 (2).jpg
 
      [  茶碗 / 淡緑  ]
 
 
 
 
   こちらは、
 
   薪窯で焼成された新しい作品です。
 
 
 
     
     RIMG3216 (2).jpg
 
 
 
 
   薪窯でも
 
   それぞれの薪窯の焼き上がる特性があるそうで、
 
   同じ素材で作ったものを入れても全く違った風合いに焼き上がるのだそうです。  
 
 
 
 
 
     RIMG3220.jpg 
 
 
 
 
   飯田さんの今までにない形や色合いの杯が並びます。 
 
 
 
 
     RIMG3221.jpg 
 
 
 
 
   それぞれの杯の焼色や質感、景色の表情を
 
   杯の全面からお愉しみいただけます。 
 
 
 
 
     RIMG3230 (2).jpg
 
 
 
      
   こちらは、
 
   火色がえも言われぬ紋様を描きます。
 
 
 
 
     RIMG3213.jpg 
 
 
 
 
   炎がうつわを通り抜け、炎が触れた痕跡の美しさ。
 
 
 
 
     RIMG3235.jpg 
 
 
 
 
   茶杯としても、酒宴の席にも華を添えてくれるひと品です。
 
 
 
 
 
     RIMG3226 (2).jpg 
 
 
 
 
   飯田さんの新たな試みを   
 
   ぜひ、ご高覧ください。 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展  作家在廊のお知らせ。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
   明日 5/29 (sun) は、
 
   陶芸作家の飯田万綾さん、中尾心啓さんと
 
   木工作家の今池七重さんが在廊予定です。
 
 
 
 
      RIMG3105.jpg 
 
 
 
 
   みなさまのご来廊を
 
   心よりお待ちしております。 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 - 伊藤雅風さんの茶器 - [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   本日は、
 
   急須作家 伊藤雅風さんの作品をご紹介。
 
 
 
 
     RIMG3137.jpg 
 
      [  ソロバン形急須 ] 
 
 
 
 
   伊藤さんは、
 
   昔ながらの土作りにこだわり急須を作られています。
 
 
   知多半島でとれる赤土と田土を使い、
 
   弁柄 ( べんがら ) や長石などは入れず、
 
   ミルですって粒子を細かくしたものではなく水簸 ( すいひ ) で作った土を使用されます。
 
   これは朱泥が発明された当初の明治時代からの急須の作り方で、
 
   出来上がった土を 「 本朱泥 ( ほんしゅでい ) 」 と呼んでいるそうです。
 
 
 
 
     RIMG3131.jpg 
 
      [  梨皮絞り出し  ] 
 
 
 
 
   伊藤さんは本朱泥の製法に従い、
 
   土は山から掘り出し、
 
   撹拌して濾す作業を2~3ヶ月以上の時間をかけて毎日行われています。
 
   そうして、
 
   砂や不純物が取り除かれ、きめ細やかな質感が生まれるのです。
 
   ようやく土が粘土として使えるようになるまでを半年ほどの時間をかけ、
 
   ゆっくりと丁寧に土が作られてゆくのです。
 
 
 
 
     RIMG3143.jpg
 
          
 
    
   伊藤さんの急須は、
 
   様々な茶の専門店や茶人、茶を嗜む方たちに広く好まれて使われています。
 
   伊藤さんの急須で入れた茶の味わいや佇まいの美しさ・・・
 
   ひとことでは言い表せない趣に魅了されるのでしょう・・・ 
 
 
 
 
     RIMG3118.jpg
 
      [ (左) 平形後手急須 /  (右) 梨皮丸形後手急須  ] 
 
 
 
   会期中は、
 
   様々なサイズ感や形状の種類の急須をご覧いただけます。
 
   
 
 
 
 
     RIMG3144.jpg
 
      [  梨皮長丸形急須  ] 
 
 
 
     RIMG3157.jpg
 
      [  梨皮ソロバン形急須  ] 
 
 
 
     RIMG3151.jpg
 
      [  平形急須 ( ツバ付 )  ] 
 
 
 
 
   蓋碗や湯冷、茶杯も並びます。 
 
 
 
 
     RIMG3148.jpg 
 
      [  (左) 蓋碗浅碗形 /  (右) 蓋碗朝顔形  ] 
 
 
 
 
     RIMG3163.jpg 
 
      [  梨皮湯冷  ] 
 
 
 
     RIMG3170.jpg
 
      [  梨皮茶杯5客組  ] 
 
     
 
 
   ひとつひとつがこだわりある、
 
   伊藤さんの丁寧な手仕事あふれる急須を 
 
   ぜひ、
 
   手に取ってご覧ください。 
 
     
 
 
 
 
    

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 新緑をそそぐ 』 展 はじまりました。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
   昨日より始まりました
 
   『 新緑をそそぐ 』 展。
 
 
 
 
      RIMG3080.jpg
 
 
 
   今企画展は、
 
   5名の作家によります茶に纏わるうつわや道具をご用意しております。
 
 
 
   【 参加l作家 】 
 
 
    飯田 万綾 [ 陶芸 ]
 
    井倉 幸太郎  [ 陶芸 ]
 
    伊藤 雅風  [ 陶芸 ]
 
    今池 七重 [ 木工 ] 
 
     中尾 心啓 [ 陶芸 ]
 
 
 
 
 
     RIMG3083.jpg
 
 
 
 
   畳のスペースでは、
 
   茶の設えとともに今池さんの正座がとっても楽になる
 
   “ 座キノコ ” に座ってお試しいただけます。
 
   カラーや紋様も素敵なバリエーションがございます。 
 
 
 
 
     RIMG3081.jpg
 
 
 
 
   茶を愉しむ空間の設えとして、
 
   花器や掛花入なども並びます。   
 
 
 
 
     RIMG3086.jpg 
 
 
 
 
   新茶の恵みを味わう季節に、
 
   お好みの設えで楽しみませんか? 
 
 
    
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

『 サトウタカヒト 個展 - とうめい - 』 を終えて。。 [S'n緑an.Gallery]


 
 
 
 
   先週をもちまして、
 
   『 サトウタカヒト  個展   - とうめい -  』 は終了いたしました。
 
   遠方からも、
 
   多くの皆さまに足をお運び頂き、ありがとうございました。 
  
 
   そして、
 
   東京よりお越しくださいました サトウタカヒトさん、
 
 
 
 
      RIMG2863.jpg
 
 
 
 
   アシスタントとして一緒に奮闘してくださいましたワタナベさん、 
 
   本当に、ありがとうございました。  
 
 
 
 
      RIMG2861.jpg
 
 
 
 
   今回で2度目の個展を開催していただきました。
 
   S'n緑an.の空間には、
 
   サトウさんの透明な色彩から生まれる
 
   いのちのグラデーションが輝き満ちていました。
 
 
   
 
      RIMG2851 (2).jpg 
 
 
 
 
   “ その時に、その場所でしか見られないものを ” 
 
   サトウさんの純粋な透明さに触れ、
 
   作家としての真っ直ぐな力強い姿を感じました。
    
  
 

   今企画展の作品とポストカードを少しずつではありますが、

   引き続き、常設の際に展示販売させていただきます。

 


      RIMG2886.jpg 
 
 
 
 
   次の春は
 
   どのような企みをもっていらしてくださるのか・・・ 
 

 
   
      RIMG3008.jpg 
 
 
 
 
   今から楽しみがこぼれます。      
 
 
   サトウさんの季節を
 
   みなさま、お楽しみに♫♬♪ 
  
 

      
      RIMG3014.jpg
 
 
 

  
 
 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート
前の10件 | - S'n緑an.Gallery ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。