So-net無料ブログ作成
検索選択
花鳥風月暦 ブログトップ

七夕の節句。。 [花鳥風月暦]


 
 
 
   七月七日、
 
   「 七夕の節句 」 ですね。 
 
   旧暦では立秋の頃。
 
   現在でも、月遅れの八月七日に行事を行う地方もありますね。
 
   
 
 
     IMG_20160707_124239.jpg 
 
 
 
   天帝の娘といわれる織姫星( ベガ )が天頂近くで輝き、
 
   その下に、
 
   彦星( アルタイル )が瞬きます。
 
 
   技術や芸事の上達を祈る行事とされる乞巧奠と重なって、
 
   七夕はすっかり願い事をする日になりました。
 
   一年に一度、
 
   引き裂かれた織姫と彦星が、やっと出逢える日・・・
 
   今宵の天の川が美しく輝きますよう、
 
   星たちの幸せを祈ってあげる日なのかもしれません☆
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

夏至。。 [花鳥風月暦]


 
 
 
   今日は、
 
   一年で一番長い昼でしたね。
 
   太陽も高く、影が姿を消したかのようでした。
 
   
 
 
     IMG_20160513_152238.jpg 
 
 
 
 
   暦の上では、
 
   ちょうど夏の真中。
 
   梅雨の真っ最中ですが、 
 
   ますます太陽の力が極まっているようです。
 
   今宵の短夜を
 
   十六夜を仰ぎ見て・・・ 
   
 
 
 
 
    

nice!(2) 
共通テーマ:アート

立春。。。 [花鳥風月暦]


 
 
   余寒厳しい毎日ですが、
 
   差し込む光に春の気立てを感じます。 
 
 
 
 
 
      RIMG0176.jpg
 
 
 
 
 
 
   七十二候では、
 
   まず東から吹く春の風と、いつしか薄くなっている氷に春の兆しを感じています。
 
   やがて、
 
   鶯の初音が聞こえ、魚たちが水面に泳ぎ出てきます。
 
   どれも、
 
   昨日までと同じ気持ちで過ごしていれば、気づかなかった小さな出来事です。
 
   でも、
 
   古人にとっては、今日から春が生まれた特別な日と慶び溢れていたのでしょう・・・
 
   
   みなさまは春の初音をみつけましたか? 
 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

節分ですね。。。 [花鳥風月暦]


 
 
 
   本日は 「 節分 」 ですね。
 
   すこし節分のお話を・・・ 
 
 
   立春が一年の始まりでもあった旧暦では、
 
   その前日で一年が終わります。
 
   つまり、節分は大晦日と同じ意味合いがあったというわけです。
 
 
   実は、
 
   豆まきも本来は年越しの行事。
 
   また、年の数だけ豆を食べる風習も、
 
   正月を迎えるたびに、全員がひとつ歳を重ねていったという名残です。
 
   そして、
 
   柊の枝に鰯の頭を刺して軒に飾ると、鬼を追い払うともいわれます。 
 
 
 
   現在では年越しの意味合いはなくなりましたが、
 
   邪気を祓い、幸せを祈る気持ちは同じ。
 
   大切な行事ですね。 
 
 
 
 
 
      RIMG0057.jpg 
 
 
 
 
 
   S'n緑an.では、
 
    『  “鬼は外、福は内”  節分Cafe セット 』 をご用意しております。
 
   温かいせんざいとお豆を食べて、
 
   邪気を祓って、福寄せをしませんか? 
 
       

nice!(1) 
共通テーマ:アート

寒九の水。。。 [花鳥風月暦]


 
 
 
   冬将軍が待ってました~といわんばかりのこの冬らしさ・・・ 
 
   さすがに手袋をだしてきました。
 
 
   寒の時期の水は、
 
   薬なるといわれています。 
 
   餅をつくにも、お酒を造るにも、薬を飲むのにも、
 
   特別の効き目を発揮するというのです。
 
 
   特に寒の入りから九日目は 「 寒九 」 と呼ばれ、
 
   効果が増すといわれました。
 
   またこの日に降る雨は 「 寒九の雨 」 といい、 
 
   豊作の兆しとされました。 
 
 
 
 
 
       IMG_20150103_104237.jpg
 
 
 
 
 
   この時期の水の冷たさは格別でしょう。
 
   だからこそ、
 
   力が宿ると信じられているのでしょうね。
 
 
 
 

nice!(1) 
共通テーマ:アート

冬至ですね。。。 [花鳥風月暦]


 
 
 
   本日は 「 冬至 」 ですね。
 
   S'n緑an. もいよいよ今週末までの営業となりました。
 
 
 
 
      RIMG2260.jpg
 
 
 
 
 
   “ 日南の限りを行て、日の短きの至りなればなり ”
 
   つまり、
 
   太陽の高さが最も低くなり、昼の時間が一年で一番短くなる日です。
 
   この日を境に日脚が伸びていくわけですが、 
 
   寒さは深まっていきますね。
 
 
   柚子湯につかってあたたまったり、
 
   お茶請けに柚子餅をあわせて柚子の香りを愉しんでみてはいかがでしょうか。
 
 
  

nice!(2) 
共通テーマ:アート
花鳥風月暦 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。